湘南邸園文化祭は今年で6年目を迎えました。 今年は、小田原市、二宮町、大磯町、平塚市、茅ヶ崎市、藤沢市、鎌倉市、逗子市、葉山町の9つの市町を会場として24の主催団体による52のプログラムを開催いたします。 各々の催しについては、会場別の記事または下記の「湘南邸園文化祭2011ガイドブック」(PDF)をご覧下さい。

■湘南邸園文化祭2011ガイドブック(PDF)■

葉山会場>逗子会場>鎌倉会場>藤沢会場>茅ヶ崎会場>平塚会場>大磯会場>二宮会場>小田原会場>

2011年08月15日

湘南邸園文化祭2011 鎌倉会場

鎌倉会場では、15の催しが開催されます。

 

キックオフインベント
防災と復興をめざす集い
9|2|金|
 事前申込制

関東大震災直後に建てられた瀟洒な名館でくつろいで鎌倉の震災を記録と映像で検証し防災に備えましょう。
<昼の部>@島本千也(地域研究者)
      昔話「天女と五頭龍」、「関東大震災被災者の証言」からのメッセ−ジ
     A浪川幹夫(鎌倉市教育委員会学芸員)「映像で検証する鎌倉の関東大震災」
     Bコ−ヒ―ブレイク
     Cかいひん荘鎌倉洋館解説(浪川)
<夜の部>@夕暮れの海浜ホテル跡周辺散策(島本)
     A薩摩琵琶弾き語り名曲「遠干潟」坂麗水
     B2011湘南邸園文化祭キックオフセレモニ−
     C懇親会 (御代川弁当+飲み物)

時 間|昼の部 14:00〜16:30
    夜の部 17:00〜20:30
場 所|かいひん荘鎌倉(鎌倉市景観重要建築物、国登録有形文化財)
参加費  昼の部 2,000円 (コーヒー代含む)
     夜の部 3,000円 (弁当・飲み物代含む)
定 員|昼の部 70名、夜の部 50名 昼夜参加可(申込先着順)
申込み|467-32-1650 (事務局 稲田)、email inadaxxx@yahoo.co.jp 
主 催|鎌倉邸園文化クリエイション
共 催|かいひん荘鎌倉
後 援|鎌倉市

 

原花舟の書と貝あわせヨーロッパを魅了した日本文化
9|10|土|〜10|2|日|

フランスとドイツで巡回展覧会がおこなわれ、大きな反響を呼んだ日本の書と貝あわせの帰国展を、築80年以上の古民家ギャラリーで開催します。
継ぎ紙に書いた、一枚一枚手作りの「百人一首」も展示いたします。

時 間|10:00〜17:00  水曜定休 入場無料
場 所|銀の鈴ギャラリー(銀の鈴社)
主 催|アート&ブックス 銀の鈴社

 

ドイツで披露した貝あわせ遊びの再演とお話
9|23|金・祝|
 事前申込制
※定員に達したため、事前申込みを締め切らさせていただきました。(9/14追記)
平安時代から貴族が親しんだ「貝あわせ」遊びの実演と、ヨーロッパでの展覧会の報告、貝あわせの制作、継ぎ紙について、書道家・原花舟さんにお話していただきます。

時 間|14:00〜15:30
場 所|銀の鈴サロン(銀の鈴社)
参加費|無料
定 員|12名(申込先着順)
申込み|tel:0467-61-1930(水曜定休)
主 催|アート&ブックス銀の鈴社

 

『灯かり』の話をしませんか?
9|24|土|
 事前申込制
東日本大震災後に起こった災害停電、そして計画停電。真っ暗な街のなかで、真っ暗な家の中で、多くの人々が『灯かり』のあたたかさと大切さ、今までの過剰さを感じたことと思います。
心が豊かになる『灯かり』を知っている人たちの話を通して、自分の生活にあった『灯かり』を、ご一緒に考えてみましょう。

時 間|トーク 16:00〜18:00 (休憩25分/お茶・菓子あり)
    見学会18:00〜19:00
出演|梅林和敏(ヤマギワ渇。浜営業所所長)、久恒利之(一級建築士事務所 studio acca 代表)
場 所|西御門サローネ(旧里見ク邸)
参加費|1,500円
定 員|45名
お問合せ&申込み|tel:0467-23-7477 fax:0467-23-7437 inquire@nishimikado-salone.jp
主 催|西御門サローネ

 

salone a-cappella concert アカペラコンサート
11|26|土|
 事前申込制
流行しているアカペラは、声楽と時代背景が混合した現代らしい文化といえます。年々チームの数もその質も高くなっていますが、発表の場が足りず、正当な評価を得
られないチームが多いのも現状です。
新しい芽を発掘し、発表の機会を提供し、切磋琢磨する姿勢を応援することはわたしたちサロンの本来の役割であり、歴史と芸術を体感できる当サロンでのコンサートは本物の美を感じながら歌えるよい機会となるでしょう。

時 間|14:00〜16:30 (うち20分休憩)
場 所|西御門サローネ(旧里見ク邸)
出 演|県内外のアマチュア、学生アカペラグループ
参加費|1,000円
定 員|50〜60名 
お問合せ&申込み|tel :0467-23-7477 fax :0467-23-7437 inquire@nishimikado-salone.jp
主 催|西御門サローネ

 

「獅子舞と四方山話 」-古民家で日本の芸能を楽しむ-
9|25|日|
 事前申込制
活きている家で、生きている獅子をいつの間にか誰もが知っている獅子。でも、誰も知らない獅子・・・。
家を活かすのも人、文化を活かすのも人。しばし浸かってみませんか。
人々の心に「予祝」の願いも込めて、一緒に楽しみましょう。

時 間|13:30 開場 建物見学、13:45 開演 獅子舞とお話
場 所|ゲストハウス「亀時間」
出演|獅子舞演者 金子しゅうめい
参加費|2,500円(茶菓子つき)
定 員|定員40名(事前申込制)
申込み|tel:046-875-9759 fax:0467-22-0726、 email aktakada@kamakuranet.ne.jp 
主 催|NPO法人葉山環境文化デザイン集団

 

古民家サロンで描く野の花スケッチ教室
9|26|月|、27|火|、10|24|月|、25|火|、11|28|月|、29|火|
 事前申込制
鎌倉に咲く野の花をご一緒に楽しく描きましょう。

時 間|各日14:00〜16:00(絵具は各自持参)
定 員|各回8名
参加費|3,000円
講 師|阿見みどり

 

「ポエムで元気に」展
10|8|土|〜10|25|火|

古都鎌倉の古民家ギャラリーにて、人々を元気にするポエムや全国各地の詩人からの作品を紹介。
谷川俊太郎さんややなせたかしさんなどによる詩作品、詩をイメージして描かれた絵などの公募作品もお楽しみいただきます。ご希望の方には、「声の詩集」のCDプレゼントもあります。

時 間|10:00〜17:00 水曜定休 入場無料
場 所|銀の鈴ギャラリー(銀の鈴社)
主 催|アート&ブックス銀の鈴社

 

古民家サロンお話会 「いまポエムにできること」
10|16|日|
 事前申込制
光輝く方向性を、自分の手でつかむために―――。
その原動力は、「心」です。ポエムと向き合うとき、心ははっきり見えてきます。東日本大震災のあと、ポエムは人々に元気を届ける一助になりました。
ポエムの好きな方、ぜひご一緒にポエムを語り合いませんか。

時 間|14:00〜15:30
場 所|銀の鈴サロン(銀の鈴社)
参加費|無料
定 員|10名(申込先着順) 
申込み| tel :0467-61-1930(水曜定休)
主 催|アート&ブックス銀の鈴社

 

鎌倉に咲く 万葉野の花水彩画展
11|3|木・祝|〜11|23|水・祝|

野の花画家・阿見みどり(鎌倉在住)が描く万葉集に詠われた野の花の絵を万葉歌とともに展示します。

時 間|10:00〜17:00 水曜定休(11/23は開場)入場無料
場 所|銀の鈴ギャラリー(銀の鈴社)
主 催|アート&ブックス銀の鈴社

 

古民家サロンお話会 「万葉集と野の花」
11|5|土|
 事前申込制
※定員に達したため、事前申込みを締め切らさせていただきました。(11/4追記)
万葉学者であった父から多くを学んだ野の花画家・阿見みどりが万葉集と野の花についてお話します。

時 間|14:00〜15:30
場 所|銀の鈴サロン(銀の鈴社)
参加費|無料
定 員|20名(申込先着順) 
申込み|tel :0467-61-1930(水曜定休)
主 催|アート&ブックス銀の鈴社

 

「花結び」のア−トに親しむ会 一本の紐を手で結んで創るア−ト展とワ−クショップ
11|13|日|
 事前申込制
一本の紐に想いを託し、時代と文化と共に育まれた飾り結びの世界です。国内外で活躍の鎌倉在住の倉田生子先生のア−ト展とワ−クショップです。
評判の創作和菓子でおくつろぎください。大御堂が谷の800坪を有す鎌倉投信邸は、典型的な昭和初期の風雅な屋敷です。
講師|倉田生子 日本結び文化学会 会員・理事
お話「花を結び、人を結び、心を結ぶ」、ワ−クショップ「根付(こけし)、茶入れ仕服の結び」、創作和菓子・花むすび  御園井裕芙子 作

時 間|13:30〜15:30(開場13:00)
場 所|鎌倉投信邸
参加費|3,000円(材料費・茶菓子代込)
定 員|30名
申込み|fax :0467-32-1650 (事務局 稲田)、email inadaxxx@yahoo.co.jp 
主 催|鎌倉邸園文化クリエイション
共 催|鎌倉投信(株)
後 援|鎌倉市

 

旧暦で祝う『月まつり』の会 -月をめぐる祭事と精進料理のお話-
10|9|日|
 事前申込制
※定員に達したため、事前申込みを締め切らさせていただきました。(9/1追記)
10月9日は、9月の十五夜と並び美しい月が見られるとされる「栗名月」。 精進の考えをベースにしたおいしいお料理をいただきながら、宵の口の月の出を待つ「月待ち」の会を開きます。解散後、月待ちの信仰の主尊のお一人・勢至菩薩さまにお参りに行きます。
(浄光明寺・徒歩約25分/拝観料200円/希望者のみ)
月暦のお話: プラネタリウムプランナー 河合準子
料理&お話: マクロビオティック講師 瀧本幸江

時 間|12:00〜14:00(その後、浄光明寺拝観)
場 所|北鎌倉 たからの庭
参加費|4,000円 食事代込 (拝観料別200円)
定 員|14名 (申込先着順)
お問合せ&申込み|kayo@pocket.co.jp、 tel:080-5488-1053(担当 島津)、fax:0467-25-7774
主 催|NPO法人 鎌倉ドットアート
共 催|鎌倉古民家バンク

 

浄智寺住職の法話『お経のこころ』&写経によるお守りづくり
11|20|日|
 事前申込制
※定員に達したため、事前申込みを締め切らさせていただきました。(10/31追記)
通常は非開放の浄智寺本堂で、現在・過去・未来の三世仏を拝顔しながら、住職のお話とお経をいただきます。その後、徒歩3分のたからの庭で、『般若心経』のお好きな一節を墨と筆で書いてみましょう。完成したらお守り袋に入れてお持ち帰りいただきます。
法話:  浄智寺住職 朝比奈恵温
書指導: 現代書家 萌 春留加

時 間|14:00〜16:00
場 所|浄智寺・北鎌倉 たからの庭
参加費|3,000円 (材料費込)
定 員|16名 (申込先着順)
お問合せ&申込み| kayo@pocket.co.jp、 tel 080-5488-1053(担当 島津)、fax 0467-25-7774
主 催|NPO法人 鎌倉ドットアート
共 催|鎌倉古民家バンク

 

鎌倉の秋を彩る古典のコラボレーション
11|11|金|
 事前申込制
今春、山門を落成をした英勝寺の一室で、菅先生の解説を加えながら、琴の第一人者、馬場信子さんと中山さんのオーボエによる古典もふくむ名曲の数々を心ゆくまで楽しもうと言う会です。
もちろん、お茶菓子も味わいながら―――。
出演:馬場 信子(琴)、中山 正瑠(オーボエ)
建物解説:菅 孝能

時 間|14:00開演
場 所|英勝寺
入場料|3,000円(前売りのみ)
お問合せ|0467-23-3954(木村)
主 催|鎌倉文化の会

 

鎌倉の別荘地時代を歩く
11|19|土|
 事前申込制
鎌倉 長谷・坂ノ下・由比ガ浜地区の明治・大正時代・別荘地時代はどうだったのだろうか。別荘族にはどのような人々がいたのだろうか。鎌倉の別荘地化はどの程度進んだのだろうか。かつての別荘地時代の残り香を求めて、小さな旅をしてみませんか。
<コース> 江ノ電長谷駅前集合→三橋旅館跡→山本条太郎別荘跡→その後長谷地区・坂ノ下地区・由比ガ浜地区の別荘地帯を歩く→昼(軽)食(旧別荘建築物予定)後解散。

時 間|10:00〜13:00 (集合場所 : 江ノ電長谷駅10:00)
場 所|長谷・坂ノ下・由比ガ浜地区周辺
参加費|2,500円 (軽食含む)
定 員|25名
申込み&お問合せ| tel&fax: 0466-34-7100(島本)、 mail : cef36690@jcom.home.ne.jp
主 催|鎌倉の別荘地時代研究会
講 師|島本千也氏(地域研究者)



posted by stf at 14:17| Comment(0) | stf2011鎌倉会場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。